MENU

美味い「すり身」を求めて世界の海へ・・・

丸高は美味いすり身を求めて日本を飛び出しました。
魚の捕獲、生産段階から指導し丸高用に最高品質のすり身を製造させることによって、
丸高の上生身の特長である味の良さはもちろんのこと類い希な白さを実現しました。
上質なすり身を作るには確かな技術と経験が必要です。簡単ではありますが工程をご紹介します。

すり身ができるまで

  1. 1.搬入
    搬入
    港から送られてきた魚を搬入します。
  2. 2.洗浄
    洗浄
    良いすり身を作るには鱗や魚体表面の粘液や斑紋等の汚物をよく取り除くことが必要です。
  3. 3.カット
    カット
    鮮度を保持するために魚の回りに氷を置き、魚を冷やしながら手作業で頭、内臓の除去をします。
  4. 4.洗浄
    洗浄
    二度目の洗浄です。ドレス(カット)時の血液、鱗、ぬめり等の除去
  5. 5.つぶし
    つぶし
    採肉機で魚の身と皮と骨を分離します。上質なすり身を作るためにベストな機械を使用しています。
  6. 6.さらし
    さらし
    分離した魚の身を水ですすぐ(さらし)作業をします。
  7. 7.スクリュープレス
    スクリュープレス
    脱水をして魚の水分を飛ばします。魚種・鮮度によりスクリュー回転数を設定する必要があります。
  8. 8.充填
    充填
    水分を調節した魚のすり身を丁寧に袋に充填していきます。
  9. 9.冷凍
    冷凍
    出来上がったすり身を急速冷凍し、グレード検査の結果が出るのを待ちます。
  10. 10.グレード検査
    グレード検査
    冷凍保管されたすり身をグレード検査の結果からランクを決めて出荷箱にスタンプを押していきます。
    丸高の上生身の原料となるすり身は、最高級のランクのものを使用しています。